--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
02.07

ディクサム・フルリーフ。

2011年最初の紅茶紹介は、今が旬のアッサム茶で、Lupiciaのディクサム・フルリーフを。

[TBP4300] 4300 ディクサム・フルリーフ ティーバッグ10個入パック:Lupicia

インドのアッサム地方東北部のディブルガー地区にあるディクサム農園の紅茶。ルピシアでは・・・前身のレピシエ時代から馴染みの深い農園です。
ディクサム・フルリーフは濃厚なコク、まろやかで渋みが少なく、スッキリとした香りと茶褐色の水色という、まさにアッサムの王道を行く紅茶です。
わたし的にはアッサム紅茶の中ではかなり上位に入るお気に入り。730円というリーズナブルなお値段もGood。そして一番最初にこの紅茶を勧めてくれた友人曰く「名前からして強そう」というのも結構ツボにハマって、ダージリン以外のお茶が飲みたいときはコレも頭に浮かびます。強いって何がだw

出張先にあったルピシアで買ってきました。ティーバッグなのは、ただ単に面倒だったからw

ルピシアのティーバッグは大きめのテトラバッグなのでお茶はしっかりと抽出されます。
ティーバッグでのお茶の淹れ方は、熱々のお湯の中にティーバッグを自重で沈め、蓋をして抽出時間分待つというのが美味しい淹れ方ですが、それに持って来いなのが、FF14コレクターズエディションについてきたサーモマグですw オイル臭さはようやく無くなったよ!
このサーモマグのおかげで今年の冬はサックリと軽いティーライフを満喫していますw
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mintonroyaldoulton.blog.fc2.com/tb.php/723-708e1c54
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。