--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
11.16

はやぶさのその後・・・その3。

待ちに待った結果が出ました!!


はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について:JAXA宇宙航空研究開発機構プレスリリース

外部のニュースサイトなどの情報を纏めると、詳細は以下です。

平成22年6月13日にオーストラリアのウーメラ実験場に着陸し、小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」搭載の帰還カプセルにより持ち帰られたサンプル収納容器から採集した微粒子のうち、イトカワ由来の微粒子が現時点で1,500個程度確認されました。
はやぶさは平成17年11月20日と11月26日、イトカワに2回着陸しています。装置の不具合などで計画通りの試料採取は1度もできませんでしたが、着陸時の衝撃で舞い上がった砂ぼこりなどをカプセルに収めていたと考えられていました。
JAXAは回収したカプセルを開封し、約1500個の微粒子を確認、ほとんどが大きさが100分の1ミリ以下で、今月上旬からは電子顕微鏡を使って1粒ずつ組成分析を実施しました。その結果、微粒子の大半はカンラン石と輝石で、どの粒も鉄とマグネシウムの割合(組成比)が地球の物質とは大きく異なることが判明しました。
さらに、はやぶさによるイトカワ地表の分光観測データなどが微粒子の分析結果とほぼ一致。JAXAは、はやぶさチーム以外の専門家をまじえて検討を重ね、結果、「微粒子のほぼすべてが地球外物質で、イトカワに由来する」と判断しました。


やったよはやぶさ!

見事にミッションを完遂させたJAXAに素直に敬意を示したいと思います。
SF好きとしては、今まで小説の中でしか味わえなかったもの凄いことが現在進行形で起きたということに心踊りましたし、今後の宇宙開発技術や研究がさらに発展していくだろうという希望を与えたと思います。

わたしは政治にあまり興味がないので、今の与党が何かをしても声を荒らげて反論するとかいう立場じゃないと思うんですが、でもやっぱり自分の払っている税金はこういうことに使って欲しいと思います。仕分けないで欲しいなああああ。

ちなみに。

今回の見つかった試料は2回目の着陸で使用した試料保管器から見つかっています。
1回目の着陸時の試料保管器はこれから調べるそうです。
またなにか見つかるといいなあ。

記念すべき11/20と11/26はもうすぐです。
星空を見あげたいと思います。
晴れるといいネ!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mintonroyaldoulton.blog.fc2.com/tb.php/691-52d07046
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。