--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
01.24

赤缶。

おそらく「知っているメジャーな紅茶メーカーは?」と尋ねると、その回答は結構な割合で「リプトン」「日東紅茶」、ちょっとひねくれた答えを出す人は「トワイニング」と返ってくるかと思います。間違っても「ベッジュマン&バートン」とか「テイラーズオブハロゲイト」とか返ってこないと思いますし、逆にそんなのイヤだw
そんなメジャーなトワイニングの紅茶の中でも、原点と言える紅茶をご紹介。

ENGLISH BREAKFAST TEA :TWININGS / Amazon.co.jp

ハロッズといえばNo.14と言うように、TWININGSと言えばこの「赤缶」が定番中の定番です。でも、昔のデザインと違うんですよね。。。以前はもっと真っ赤でシンプルな缶だったのですが。

わたしが紅茶好きになったのも多分コレを友人宅(紅茶師匠宅)で淹れてもらってからだと思います。いろいろと教えられ、初めてちゃんとしたゴールデンルールに則って淹れたのもこの紅茶です。
ごく普通のイングリッシュ・ブレックファストですが、美味しい紅茶ですので、お試しや入門には最適かと思います。スーパーでも売ってますし、お安いですし・・・。
つか、Amazonさん720円ってなんぞw 昔は1500円くらいしたぞw
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mintonroyaldoulton.blog.fc2.com/tb.php/577-6a320947
トラックバック
コメント
おお、ガブ飲み出来るお値段でオススメがあると嬉しい♪
もうあれだね、この値段だとその辺のティーバッグよりお得感があるかも。
ラッフルズのもミルクティが美味しいと聞き、ちょっと気になっています。
ロイヤルミルクティのMintonレシピも知りたいなぁ~。
アルヒャdot 2010.01.26 10:28 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2010.01.26 14:29 | 編集
お久しぶりです。日東紅茶が昔好きだったなぁ~。
トワイニングは生まれて初めて飲んだ頂きものの
アールグレイでした。
紅茶には種類があってこんなにおいしいのがあるのか!って
思ったのを思い出します。

ゴールデンルールってどんなのでしょう?
ローdot 2010.01.26 23:48 | 編集
トワイニングって聞くと、精神科に入院してたおじさんを思い出します。
二日に一回その施設に仕事がありまして、喫煙所で仲良くなったおじさんです。

そのおじさんのお父さんはとっても厳しいイギリス人で毎日紅茶を飲んでいて、それがトワイニングだったとか。
そのおじさんも紅茶が好きなのに「お前にはまだ早い」と言って怒られたっけなーと、ちょっと悲しそうな顔で話してくれました。

トワイニングを見かけるたびに、あの施設で一緒にタバコ吸ったみんなどうしてるかな~って思い出します。

うちに今ある紅茶もトワイニングです。
貰い物ですね、確か紫色の缶だった。
tr.horusdot 2010.01.27 09:24 | 編集
>アルヒャさん そうだね、トワイニングって紅茶ブランドの名門であることに間違いはないのだけど、何故か安いし大衆的な感じがするw きっと近所のスーパーで売ってるからだw
ロイヤルミルクティの淹れ方についてはそのうちまとめようかと思います。
Mintondot 2010.01.27 11:22 | 編集
>鍵コメさん そうですか。ふふふ。何をやらかしてくれたのか期待してその日を待ってますw
うおー、仕事休みの日だwww
Mintondot 2010.01.27 11:24 | 編集
>ローさん やあやあ、おひさしぶりです。トワイニングってアールグレイ美味しいんですよね~。わたしも頂き物で何度かウチにありました。
そうか、トワイニングってギフト向きなのかも・・・
「ゴールデンルール」は伝統的な英国式の紅茶の淹れ方の手法のことですが、それについてもそのうちここでまとめたいと思います。
ブログネタが増えたw
Mintondot 2010.01.27 11:29 | 編集
>おっちゃん イギリスは紅茶の国! 水のように紅茶を飲みまくっている! と思っていたら、実際はあまりそうでもなかった事実w
もちろんティータイムと言うか、ブレイクタイムに紅茶、と言うのはよくありますし、街中にも普通にティースタンドがあるのだけど、コーヒー飲ん出る人も多いし、バーもめちゃくちゃあるしw
トワイニングの紫缶(現役)=クオリティーダージリンだぬw
Mintondot 2010.01.27 11:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。