--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
06.08

ご冥福をお祈りいたします。

リネとは関係ないのですが。

最近とんと離れていますが、わたしは趣味で小説を書きます。
好きなジャンルはSFと恋愛コメディ。両方を混ぜたものが多いです。
そのSF小説界の重鎮である野田昌宏氏、少女小説界の看板とも言える氷室冴子女史が、
6/6の同日にお亡くなりになりました。

野田さんといえばあのガチャピンのモデルになった方でもありますが、SFファンとしては宇宙大元帥としての野田さんはもちろんのこと、「やさしい宇宙開発入門」という開発系SFを書く者にとってのバイブルを執筆した方として、学校の先生のような方でもあります。

氷室女史はやはりなんといっても「なんて素敵にジャパネスク」と「海がきこえる」ですが、その他にも「なぎさボーイ」「多恵子ガール」や「雑居時代」など、コバルト読者にとっては憧れの方でありました。

実は一度だけおふたりにお会いして、直接お話が出来る機会がありました。もちろん別々の日でしたが。
緊張しまくって何を話したかなどはもうほとんど覚えていないのですが、ひよっこだったわたしの問いを優しい笑顔で答えてくれたことだけは覚えております。

最近は執筆のお話を聞かなくなっておりましたのでどうしたものかと思っておったのですが、非常に残念です。

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mintonroyaldoulton.blog.fc2.com/tb.php/338-ece109b7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。