--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
06.02

2007年ファーストフラッシュ。

紅茶のWEBと大々的に宣伝しているわたしとしましても、やはり最近紅茶ネタの記事が無いことに対してはどうにかしないと思っていたところでしたので、このあたりでひとつそれっぽいレビューなんぞをしてみたいと思います。

最初に申し上げて起きますが、リネ日記じゃなかったのかというツッコミは無しの方向でお願いしますw


わたしには古くからお付き合いさせて頂いている紅茶夫婦がおりまして、その旦那様がわたしも参加している紅茶サークルの主宰でもあるのですが、奥様の方はとにかく紅茶マニアで膨大な知識とテイスティング技術と行動力を持った方でございまして、わたしの紅茶師匠であったりします。
年3回あるダージリン紅茶の旬の時期(ファーストフラッシュ・セカンドフラッシュ・オータムナル)やアッサムティの旬である1月には紅茶買い付けツアー(主に銀座)やティーパーティ等のイベントも積極的に主催してくれる夫婦なのですが、今年の春はご出産を控えていたとのことで、電話で話す程度に留めておりました。

つまり!

今年のファーストフラッシュは完全に出遅れてしまいましたorz

それでもせめて今年の動向だけは掴んでおきたいと、実はリネしながらあちこちの紅茶WEBなどで情報を収集していたのですが、ようやくいくつかの紅茶をテイスティングすることが出来ました。

4月~5月はダージリン・ファーストフラッシュが日本国内に流通する頃合でして、あちこちの紅茶ブランドで2007F/Fと銘して新茶を扱っております。

わたし的にはファーストフラッシュといえばマーガレッツホープ農園産の茶葉が大のお気に入りなのですが、どうも今年のマーガレッツホープは特殊で、スペシャルティは相変わらずなのに通常出荷のDJ(ダージリン)は他の農園とのアドバンテージが感じられない、というのがもっぱらの評判です。
まあ、今年のF/Fはどこの農園も出来は良くないという情報もあるようですが。

ただ、スペシャルティである「マーガレッツホープ White Shiny Delight」は別格。むしろこっちにすべての良さを奪い取られてしまい、通常DJが普通になり下がってしまったイメージ?
元々このホワイトシャイニーはオータムナル(クランじゃなくて摘み取り時期の方ねw)のが絶品で、もしかしたら過去最強のオータムナルかもしれないくらいお気に入りだったので期待はしていました。
飲み口はF/F特有のキレが柔らかく、ほのかに甘いです。もちろんF/Fですから青味はありますが、それが全体的にやさしめの味わいに映えるアクセントになっていて、思わずため息が漏れるほど落ち着きます。

では2003年にわたしの中で大ブレイクしたバラスン農園のF/Fはどうかというと、これはやはり自力勝ちというか、F/F特有の青味と甘味のバランスが絶妙。流石に2003年越えは無理のようでしたが(2003年産BALASUN農園F/Fはほぼ私的パーフェクトでした)、特徴的なミント系の香りと甘味は健在です。

F/Fが定評のあるピュッタボン農園はというと、こちらは例年に比べてちょっと落ちました。確かに悪くないのですが、もうちょっとF/Fらしいインパクトが欲しかったような気がします。

続いてリシーハット農園のスペシャルティ。EX-1ですからエクストラの1番摘みです。今回の中ではこれが一番F/Fらしい紅茶のような気がしました。F/Fの特徴はなんといってもその清清しいキレですが、その中にも果実系の甘さがしっかりとアピールしてきていて、これは美味しかったと思います。リシーハットは知名度こそありますがわたし的にはあまり縁のない農園でもありまして、今回本当にたまたま手に取っただけなのですが、コレが巡り合わせなのかと思いましたw

さて、日本人ウケ最強の農園とも言われるキャッスルトンはどうでしょうか。キャッスルトン農園といえば素晴らしいセカンドフラッシュを産出することで有名で、お値段の方もスペシャルw
今回は限定のキャッスルトン Moonlight DIANAをチョイス。在庫切れ一歩手前だったようです? もう売ってませんw
これ、とにかく甘いです。F/Fって粗悪品を悪くいうと青葉の臭さ(青汁っぽい風味)があるんですが、そんなものを微塵にも感じさせないほど甘いです。実はオータムナルなんじゃないの? とも思いましたが、F/F特有の清清しいキレはそれなりにアピールしてます。でも、たぶん目隠しして試飲したら絶対F/Fとは言わないだろうなあ・・・。

今回は予算も時間もありませんでしたので、少ないg数で販売している以下のメーカーからチョイスしました。
リーフル:http://www.leafull.co.jp/
ルピシア:http://www.lupicia.com/
興味のある方はお試ししてみては。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mintonroyaldoulton.blog.fc2.com/tb.php/221-0f34fe97
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。