--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
03.14

ホーキング、宇宙を語る。

偉大な宇宙物理学者であったスティーヴン・ホーキンスが亡くなりました。
車椅子の宇宙学者、といえば、一度はTVなどでそのお姿を見かけられた方も多いと思います。
「偉大な」という言葉はあまり使ったことがないのですが、SF者としては博士の提唱する様々な理論はとても勉強になりましたし、数多のSF作家が生み出す宇宙世界を理解するための礎になったとも思っています。

高校生の頃に海外SFと出会い、いろいろな本を読んでいるうちに、知識を元にする読解力の無さに気付き、それをカバーするために手に取ったのが、当時すでに大ベストセラーになっていたこの本でした。


ホーキング、宇宙を語る ビッグバンからブラックホールまで:早川書房刊

今は文庫になっているかと思います。似たようなタイトルで改稿版のような本を出していたりもしますので、書店にはあると思います。わたしも書棚を探したのですが、どうも見当たらず・・・兄の家にあるかもと思うので、今度探しに行くつもりです。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
夢だった宇宙空間を、思う存分飛びれますように。

スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。