--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
01.31

ようこそオータムナルへ!

アルヒャさんの調理師仲間だったりょーさんが、オータムナルに参加されました。

もしかしてウチ初めてのミッドランダーですね。これからよろしくお願いします。
隣に立っているそのハイランダーがウチの看板です。
まあウチはそんなカンジですよ、というコトでwww


ヒゲのイケメンにウットリしているアルヒャさんw

そして実現したコーティー対決。

禿ザイル対髭ザイル。奥にいるのは赤ザイルwww

そして皆でリムサのファクションリーヴにチャレンジしました。

この人数の狩りって初めてじゃないでしょうか。大人数で強い敵とガチでバトルのは面白いですね。
くりす君がいなかったのが残念ですが、今度また皆でお出かけしましょう。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2011
01.30

真夜中に号泣しつつ書いてみるw

今日は(も)大事な試合だったので、FF14にはログインせずにテレビの前で座って観戦です。ええ、お茶もお茶請けも用意した、代表ユニにも着替えた。
さああとは勝つだけだ!

試合自体は韓国戦のような激しいものではなく、両チーム共になんというか正直どうなんだろうという展開・・・ぶっちゃけてしまうとあまり面白味のない試合だったのですが、そういう試合をモノに出来たというところは評価点として高いです。
オーストラリアの決まりきった、そして難易度の高い徹底的な空中戦術をかろうじてはじき返していたので、守備面で不安のあったこのチームですが、大会の間の成長をしっかり見せてくれた気がします。
ただ、今日の川島のセービングは神がかりでしたが、ちょっとコーチングが弱かったせいなのか、サイドの裏にフリーで抜けられ過ぎのような気もしました。身体の大きい相手がパワープレイを仕掛けてくるときの対処というのは、身体的に優位に立ちづらいアジアチームが長らく持つ課題ですが、今日は相手にも審判にも助けられた気もします。

攻撃に関しては、本田君アナタ今日体硬すぎじゃないのと思えるシーンは結構ありましたが、ヤットがしっかりフォローしていましたし、まあそういう試合もあるさ、というコトで。

そして久しぶりに見た完璧なゴールシーン。


忠成のボレーカッチョ良かった~。長友のあの縦への突破からのセンタリングは得意技ですが、素晴らしかったですね。
忠成の、ヒーローインタビュー直後の「ヨッシャー!」が本当に嬉しそうでしたw

大会MVPは本田君が取りました。今日はイマイチ精細を欠きましたが、まあ順当でしょう。
今日のマンオブザマッチは誰だったんだろう? わたし的には川島ですが、ヤットはやっぱり安定しているので彼にあげてもいいかも?

ザッケローニのコメントにもありますが、このチームはまだまだ成長途上ですし、やはり欧州の一流国と比べれば試合内容からしても全然見劣りしてしまいますが、伸びしろは世界レベルあると思うので、しっかりと鍛えられれば、2010W杯代表よりも強くなれる気がします。
頑張った代表を誇りに思いますし、ええ、試合直後からずっと号泣しつつこの日記を書いてるわたしがこれからも代表を応援しないワケがありませんw

サッカー日本代表アジア制覇おめでとう!!

Comment:4  Trackback:0
2011
01.26

チャットログ。

先日チャットの定型文会話の話題で盛り上がっていたときのログ。

ヤーゾンさんに挨拶している人がw

最近ご自身のブログでも言ってましたが、ハゲ兄は体調がすぐれないようで。

普段服着ないから風邪をひくんだと思ったのですが、リアルでもハイランダー生活をしているという説は無いようです。
なまはげ兄さんを早く見たがっている人がいますので、お待ちしておりますw

裁縫ランクが31になって、ついにローカルリーヴにR35リーヴが登場しました。

別珍を作って納品・・・それほど難しい仕事じゃなかったので、コレは無事に成功。
でも、報酬はそろそろ草綿じゃなくて違うものが欲しいw
実は装備ランクが一段階低くても、高いランクのリーヴで出される完成品のほうが難しかったりします。リーヴで作るセレストサルエルとか結構ギリギリですしね・・・。
ちなみに、R31で受けるR35リーヴで、1回の製作で入手できる修練値はこんなカンジ。

結構おいしいネ!

で、裁縫ギルドでリーヴをこなしていたら

クエストリンクパールが光っていたのに気付きまして。
開けてみたら、そこにいたドスティさんからの通信でしたw

大事な話なので2回言われましたw
R31のクラスクエストが始められるようになったのですが、実はまだR26のメインクエストをやっていないので、ソレが終わってからかな~と思っています。


人気ブログランキングへ

Comment:2  Trackback:0
2011
01.21

ようこそオータムナルへ!

第1回フィガロは萌えているかバザーのあとに、フィガロのブロガー交流会なるものが立ち上がったのですが、わたしは仕事で交流会に参加できなかったので、代わりに参加したアルヒャさん経由で、その交流会WEBを知って、いろんなフィガロ民のブログを見に行っています。
もちろんくりすさんもその交流会に参加されていた方だったのでブログは見ていたのですが、やはり交流会に参加されていた方のあるブログからリンクしていた、表紙が可愛いブログを見つけまして。
実はコッソリ読んでおりました。
そのブログがココ→「クマーなららっこ生活(仮)
いつか見かけたらコッソリ辻エモでもしてみようかと思っていたところだったのですが。

が!

それは月が非常に綺麗なキャンプ・ドライボーンでの夜のことでした。

よく見ると、その向こうの大きな星が月に隠れる月食がw

その、可愛い小さなブロガーさんが、ひょんなことから

オータムナルにやって来ました。
ようこそオータムナルへ!

アルヒャさんのブログ読者だったらしいですw
確かにアルヒャさんのブログ、楽しそうだもんねwww

で、いつものリペア街にてみんなで記念撮影。

ララとミコッテでいいカンジのバランスになりました。

まぐちゃさん、これから宜しくお願いします。
レインさんが言ってましたが、ほんと桃のような、決してピーチではない「桃」のようなお方。
色々分からないと言っておりましたが、そんなことは気にせず、のんびりやりましょう。
みんなで笑える時間を作れれば、オータムナルの存在意義はあるということですから。



人気ブログランキングへ

Comment:4  Trackback:0
2011
01.11

日光東照宮と朝日。

冬休みをもらったので、母と叔母を誘って日光の温泉に行ってきました。
日光といえば東照宮。徳川家康の墓所、お祭りされている神社として有名です。
わたしの目的も東照宮にありました。冬休みは長くもらえたけれど、それ全てを旅行に費やせるほどのお金も時間も余裕が無いし、1泊2日がイイ感じ、それならば近場で鬼怒川か日光あたりはどうかと母にも勧められて、日光=東照宮=見たいで決定w

さて、そんなこんなで電車に揺られ、やってきました東武日光駅。

ここから世界遺産循環バスに乗って東照宮に向かいます。
続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2011
01.05

イザ、モードゥナへ!

 ローカルリーヴ納品でザナラーンのキャンプ・ブルーフォグへ行くと、いつもその先に行きたいと思っていた。この先にはまだ見たことがない地があると。
 でも、ちょっと足を延ばすとそこにはいかにも凶悪なモンスターが地を徘徊していて、わたしなんかでは撫でられただけで即デジョンになること請け合いだった。
「無理だ」
 そう自分に言い聞かせては、いつも逃げるように引き返してきた。
 そしていつも冒険者ギルドでみんなの話についていけず、すみっこで型紙を描いているのだ。

 先日裁縫のランク30リーヴ納品で久しぶりにブルーフォグに行った。ワリといい出来のケクスを規定より多い6本も納品して、貴重なギルドトークンやいつもより多めの報酬を受け取って気分が良かったからかもしれない。
 その日は久しぶりに澄んだザナラーンらしい青空が広がっていて、高低差の激しいこの辺りは遠くまで見渡せた。きっとそんな風景がわたしにそう思わせたのかもしれない。
「ちょっと先を見に行ってみようか」
 ダメだったら引き返せばいいのだ。

 遠くに、最近発見された新種のサソリ型モンスターやペイストなどが見える。彼らの視力ではここにいるわたしまでは見えないから気付かれることはないだろう。
 冒険者ギルドでもらった地形図を広げ、通れそうな場所を探していく。
 ……これならこの地域を抜けられるんじゃないだろうか。少なくとも、今のモンスターの位置からすれば相当先まで進めるはずだ。確かこの先にはプラント入口の門があって安全だという話を聞いたことがある。少なくともそこまでは進めそうだ。
 前にLSの誰かが「探索は迷ったらダメだ。迷う前に進め」と言っていたのを思い出して、わたしは地形図をカバンに押し込んだ。

 ザナラーンの熱射が久々に身に堪えた。ああ、なんで出てくる時に日焼けクリームを塗ってこなかったんだ。きっと首の後ろ辺りはもう真っ赤だ。ヒリヒリする。
 途中で崖下にいたペイストの発見が遅れた時は肝を冷やした。とにかく全力で走っていて振り向いている余裕はなかったので彼が追ってきたかどうかは知らないけれど、魔法攻撃を受けなかったから多分気付かれなかったのだろう。
 ひとまず安全と言われているプラントまでようやくたどり着いて、わたしは水筒の蓋を開けた。
 プラントは、今は無人らしい。門も閉まっているし、そもそも中に入れないのにどこが安全なんだと思いつつカバンから地形図を取り出し、周りを見渡す。
 ここと、ここと、ここにモンスター。ここから影になっているところは見えないので注意しないと。先に進むにはこの細い谷間を通らないといけないけれど、その手前に1匹いるのが厄介ね。その先はもうわたしでも見えない。
 よしっと気合を入れなおして立ち上がり、カバンを背負った。ああ、日焼け止めクリームはもう仕方が無い。無事帰ったら入念に肌の手入れをしよう。美容クリームなんて誰か作れたかしら。

 なるべく広く視界が取れる場所を選んで走った。遠くまで見渡す眼なら、サンシーカーは他の誰にも負けない。多分この眼はわたしたち種族が持つ最大の武器だ。夜の視界はムーンに譲るけれど、昼間ならあの遠くに視えるジャッカルなんかに負けるわけがない。
 わたしは彼らの視界の死角を選んで走りぬけ、そして突然―――景色が変わった。


 雨が降りだした。青く高かった空はどんよりとした鉛色に変わった。
 乾いた砂と土が延々と続いていた地は鈍色の硬い岩になり、ところどころに見たこともない水晶類のような鉱物が顔を出していた。
 ここが、モードゥナ。
 ラノシアが海と草原、ザナラーンが岩と砂漠、黒衣森が森林だとしたら、ここは死の湿原だ。生命の息吹を全く感じさせない、死の大地だ。
 そして遠くに見える、大きな塔。
 あれはどこかの街で旅の絵描きが見せてくれた塔だ。その昔の飛行船が龍の怒りを買って墜落させられたものだと聞いた。それ以降、モードゥナは死の土地になったのだ、と。
 では両端に見える翼のようなものは、あれは龍の翼だろうか。
 周りに目を配らせながら東へと進む。以前、モードゥナに行くならまずは東に進んでキャンプ・ブリトルパークに行けと誰かが言っていたのを聞いたことがある。そこで態勢を整えてから先に進めと。
 遠くに見えるモンスターは見たことがない種族ばかりだった。体が大きいのであまり素破しっこくないだろうけれど、まともにやりあってはいくら命があっても足りない。
 雨のせいで視界はあまりよくないけれど、それでも割と平坦で広い土地柄なのか、特に問題もなく、遠目にエーテライトの光が見えるところまでやってきた。


 ブリトルパークのトーマスさんが言うには、北にレブナンツトールというキャンプがあるらしい。近いのは東を進むルートだけれども、大型のキャラバンを組んでいかないと相当危険だという。おすすめは西ルートだそうだ。東回りよりモンスターの数が少ないのと、ゴブリン属がいるくらいなので比較的安全圏な場所もあるということかららしい。北へ向かう冒険者を引き止めるのはもう無駄と判っているから、せめて遠回りだが西のルートで進めと言っているのだ。
 わたしはお礼を言ってキャンプを後にした。忠告を素直に聞いて西のルートで進むことにした。
 もうこうなったら意地だ。進めるところまで進もう。行けるところまで行って、もう駄目だと自分が納得出来たらテレポで帰ろう。
 普段ほとんど街から出ないわたしがそんな大冒険をしてきたと知ったら、きっとみんな驚くだろう。革と裁縫のことしか知らないわたしだって、立派な冒険者として話に華を咲かせることが出来るんだ。


 途中で絶景と出会った。
 炎のオーガを避けて岩山を登ったところに開けていた。
 この下はきっと未開の地だろう。草原っぽくも見えるけれど、この崖を降りるルートがなさそうだった。
 この景色のことは冒険者ギルドで皆に話そう。死の大地から見える未開の大草原とくれば、きっと皆大好きなネタだろう。きっと盛り上がる。


 そんな景色を他にも探しつつ、気が付けば目的のレブナンツトールに到着していた。
 意外とあっけないな、というのが正直な感想だった。ただ運が良かっただけなのかもしれない。今まであれだけ足が進まなかったブルーフォグから出発して、ここまで来るのに一度もモンスターに絡まれなかった。もちろん細心の注意を払ってはいたけれど、結局モンスターに行く手を阻まれることはなかった。
 キャンプでは歓迎された。しがない駆け出し裁縫師でしかないわたしがこんなところまでやってきたと知って、素っ頓狂な声を上げた冒険者もいた。

 なぜこんなところまでやってきたか。理由を聞かれたらきっと「なんとなく」と答えるだろう。報酬を多く貰って気分が良かったから冒険しようと思った、それには間違いない。
 でも、広く大きな世界をもっと体験してみたいという冒険者の魂が、わたしの心の奥の何処かにあったからだと、そんなだいそれたことをちょっぴり思った。


*******************************************************************
最初は普通に日記を書いていたのですが、だんだん文章が小説っぽくなってきてしまいまして、じゃあ、久しぶりにそれっぽく書いてみますかということで、なんとなく小説風の冒険記です。
しばらく書いていないので本当に上辺だけの薄っぺらい内容になってしまいましたが、たまにはこんなのもアリなんじゃないかなあと思いつつ、次回のクルザス編に続きます?


人気ブログランキングへ

Comment:8  Trackback:0
2011
01.01

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

今年の抱負は、みんなと楽しく過ごすこと。
裁縫のランクを40台には乗せること。
LSのみんなの服のアップグレートを行うこと。
5冊以上本のレビューをブログに載せること。
5つ以上の紅茶レビューをブログに載せること。

楽しくのんびり行きましょう~
今年もよろしく!



人気ブログランキングへ

Comment:10  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。