--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
04.30

テルマエ・ロマエ。

お風呂好きにはたまらない…というか、そうじゃない人もきっとじんわりと笑いが込み上げてくる、テルマエ・ロマエはそんなマンガだと思います。

テルマエ・ロマエ 1 ヤマザキマリ/著 エンターブレイン BEAM COMIX

2010年マンガ大賞受賞作品です。

古代ローマ時代の建築技師ルシウスが現代日本のお風呂にタイムスリップして驚愕しつつ…というお話です。一気に爆笑出来るというタイプではないのですが、じんわりとクスクス笑えます。
途中に何編か挿入されている作者のお風呂コラムもなかなか興味深いことが書いてあったりします。

そして第1巻は衝撃的なラストが!!! ああ、続きが気になる!!www

表紙が一見アレですが、男女半々で売れているようですし、書店員ならば絶対知っている作品ですから、お店で見かけたら恥ずかしがらずにレジにゴー! をオススメします。

スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2010
04.27

marimekko。

最近はエコバックなどの付録付き雑誌…ムック本が数多く出版されております。
有名どころではCherやCathKidston、ANNASUI等々…どれも「ちょっとイイかも」と思うようなものばかりです。
ちなみにわたしは通勤にはEDWINジーンズのエコバッグを使ってますw

さて、そんな付録付き雑誌のコーナーを整理していたとき、とある本に目が止まりました。
トートバック付きのよくあるムックだったのですが…


marimekko 1951-2010 :宝島社

マリメッコはフィンランドのブランドだそうです。この柄はなんども目にしていたのですが、
そうですか~…marimekkoですか。。。

ハイ、marimekkoと言えば!!!!!

メッコじゃないですか!!!
そうか、フィンランド出身だったのねw

オータムナルのみんな、お元気でしょうか。

Comment:4  Trackback:0
2010
04.22

本屋大賞。

本屋大賞は全国の書店員さんが、売りたい本、おすすめの本を投票して決めるものです。投票エントリーをして投票権利を得てから投票します。
ええ、わたしは投票エントリーすらしていないのですがw

ノミネート10作品を見比べて一番最初に思ったのは…1Q84は無いな! ということでした。
賞なんぞ取らなくても充分話題性がありましたし、話題総取りというのもどうかと思いましたし。
個人的にはヘヴン植物図鑑を推したかったのですが、植物図鑑は有川浩の一時期の勢いがだいぶ落ちてきてしまっているので、やっぱりヘヴンかな~、と思っていたところです。
ちなみにウチの店ではヘヴン対横道世之介船に乗れ!の三つ巴でした。

で、結果。

天地明察 冲方丁/著 角川書店

いやー、自分の中では番手が低かったんですよね~w
江戸時代前記の天文学者…というか数学者の渋川春海を描く時代小説ですが、日本SF大賞を取ったほどの作家さんですから、どうもSFの方…というイメージが強すぎて「冲方が時代小説ぅ~?」と軽視しておりまして、吉川英治文学賞を取った程の作品ということなんてすっかり忘れておりました。

そういうワケで、天地明察は未読です。今日はお休みなのですが、明日お店に在庫があれば読んでみようかと思います。
ちなみに過去の本屋大賞…ハズレ作品なし!

Comment:2  Trackback:0
2010
04.19

辞典。

辞典の季節です。
学参担当者としては辞典の品切れや売れ筋動向、学校採択などの情報には右往左往しておりまして、毎日「うがー」と足掻いております。

この記事を読まれている皆様のお宅にも1冊くらいは常設の辞典があるかと思うのですが、何をお使いでしょうか。

実はウチには2冊ありまして。
1冊は三省堂の新明解国語辞典。いわゆる赤辞典。これは母が使っています。
ちなみに日本で一番売れている辞典がこの辞典です。

そしてもう1冊が、今のわたしの本命であるコレ。

岩波国語辞典 西尾実/編 岩淵悦太郎/編 水谷静夫/編 :岩波書店

いやー、やっぱり岩国でしょw
学生時代、周りが三省堂の辞典を使っていた中で、わたしだけ異色の岩波でした。
広辞苑を出している出版社、という信頼もありますが、新井素子姫が「絶句」の中でコレを勧めていたのが使い始めるきっかけでした。どんだけSF者なのかわたしは。
他の辞典と大きく違うところはどこ、と言われても非常に回答に困るのですが、フィーリングがもう岩国にハマってしまっているので、今のところ他に鞍替するつもりはありません。


ハマっているといえば、最近ブログ更新が遅いのは「らんだむダンジョン」にハマっているからですw

Comment:7  Trackback:0
2010
04.14

本当に久しぶりに。

Category: その他。
歯医者さんに通っています。
子供の行きたくないところベストテンでは常に3位とか4位に入ってると思うのですが、この歳で虫歯になってしまったのだからそれも仕方がありません。
つーか虫歯って何よ。この前電動歯ブラシのブラシ変えたばかりじゃん。何で悪化するのよ。
歯医者さんに行って診てもらって、開口一番「あー、コレは痛いだろうね」と言われたときは正直ドキリとしましたが、抜く程でもなく、ちゃんと治療すれば大丈夫とお医者様は仰っていました。

と言うワケで、今、麻酔で上唇が麻痺してますw

Comment:4  Trackback:0
2010
04.09

らんだむダンジョン。

今大いにハマっているPCゲームをご紹介。


らんだむダンジョン

オンラインゲームではないのだけど、良く出来たRPGゲームです。
宝箱を漁ったり、強敵を倒したり、倒さなくてもいい強敵を倒したり、
キャライベントをこなしたりしながら、最下層にいるボスの撃破を目指すゲームです。

アイテムが数百(一部では800以上という情報も…)もあり、その全てに主人公目線での解説が付いているところがものすごいw
キャラやストーリィのノリが個人的にものすごく好みで、コレでフリーゲームとはものすごい拾い物をしたのでは、と思います。
RPGツクールというゲームを作るソフトで作ったゲームらしいので(日本語が微妙にヘン?)RPGツクールVX RTPというものが必要です。

この前の休みがこれで全部消えました…中毒性がヤヴァスw

Comment:2  Trackback:0
2010
04.06

桜。

ハイ、世間一般的な流れに漏れず、わたしもこの時期は桜が大好きですw
好きな季節はやっぱり春ですし、今日みたいに暖かくなったな~と思える頃が一番いいですね。もちろんテンションが上がる夏も好きですし、紅葉の秋もいいものですが。
冬は最近行かなくなったゲレンデに行けば「やっぱり冬だね~」と言いそうw

で、いい天気なので、地元の隠れたお花見スポットで桜を撮ってきました。

工業団地内の通りが桜並木なのです。この写真は車内から。


デジカメ購入が間に合いませんで、残念ながら携帯のカメラで撮影。
※クリックで大きな画像 色補正加工していますw

最近おっちゃんのblogオリンパス・ペン Lite E-PL1というマイクロ一眼のデジカメを見つけて、いいなー欲しいなーと思っていたのですが、高すぎて今は断念。
いつかこういうの持って写真撮りに行く小旅行に行きたいな~。


桜といえば咲羅ちゃんはお元気でしょうか。

Comment:4  Trackback:0
2010
04.03

自分の体で実験したい。

お店でポピュラーサイエンス本フェアをやっていたのですが、そのフェアのセットに入っていた本の中から、いかにもなタイトルのモノをご紹介。


自分の体で実験したい 命がけの科学者列伝
レスリー・デンディ/〔著〕 メル・ボーリング/〔著〕 C.B.モーダン/イラスト 梶山あゆみ/訳
紀伊国屋書店


タイトルがタイトルだけあって、いわゆるトンデモ本かと思いきや実はそうではありません。
登場する10人の科学者は並外れた探究心やひとのためになりたいと言う気持ちから、動物実験だけでは不確実なデータを得るために自らの身体を実験台とします。やったことを見ればトンデモないことですが、彼らは至って真面目に実験を行っている、という内容です。
今は確立している医療技術や科学技術は、先人のこういう命知らずな実験の上に成り立っているんだなあとしみじみ考えさせられる一作です。
難しい本じゃないです。生真面目に重厚で堅く書かれているわけではなく、サックリと読みやすい訳文がGoodです。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。