--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
12.31

私的重大News2009!

今年もあとわずかになりましたので、恒例の「1年間を振り返って」をやってみたいと思います。

第5位:PSOちょっと復帰
わたしのネットゲームの原点と言えばPSOなのですが、ふと思い立って再開してみました。
ずーっとソロですが、息抜きにのんびりやるのには良いかもしれません。
FF14始まったら終了かな~

第4位:仕事が激務に
お店で多大なる影響を持っていた方が他店に異動になり、スライド式にわたしの立場が上に上がりまして、仕事と責任が一気に増えました。
仕事面白いのでいいのですが・・・

第3位:ブログが大きく様変わり
リネ2引退による生活ルーチンやネタ供給場所の変化で、ブログも大きく様変わりしました。本と紅茶をメインに、日頃あった話をつらつらと書いていくスタンスは、わたしがリネに出会う前にMEMORIZEという場所で書いていた日記に立ち戻ったカンジです。
まあ、ネタを求めてエ~ンやコラ、というスタンスばっかりは変えようが無いと思います。

第2位:リネージュ2卒業
やはり5年間続けていたものを突然止めてしまうのはポッカリと穴が開いた気分でもありました。実は今でも自分でつけた当時のプレイ日記や人様の日記を読んだりしています。
今でもリネージュ2の世界が好きだと思えるのは、きっとソコで培った人間関係が素晴らしく、それ自体が好きだったからに他はありません。

第1位:環境が変わっても繋がりがあったこと
たぶんこのブログで出会えた方のほとんどはリネ2で出会った方かと思います。
わたしがリネ2を止めたあとも変わらずお付き合いが出来る関係を築けたことは、わたしの自慢の財産です。

公開し忘れていた最終的なリネ2ゲーム内友人リスト。
今でもお付き合いのある方が結構おりますw


そんなワケで、2010年もよろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト
Comment:8  Trackback:0
2009
12.29

赤から鍋。

最近咳がずっと止まりません。のどがイガラっぽいというかなんというか・・・季節の変わり目とかによくなる症状なのですが、こんな中途半端な時期に出たことは今までなかった・・・
風邪じゃないので風邪薬はあまり効きませんし、咳止めシロップもイマイチ。
医者行こうかなあ・・・

さて、そんなのどを痛めているのにもかかわらず、年末恒例の忘年会に行ってきました。
もうずーっと長くお付き合いのあるお友達とのオフ会。
普段は年に数回集まりがあるのですが、わたし今年は仕事のスケジュールが調整付かず、今年初参加という状況でした。

で、今日のメニューはというと・・・

赤から鍋 :甲羅グループ

辛くて美味しいという鍋屋さんに連れて行ってもらいました。場所は上野アメ横通り店。
名古屋名物なんだそうな・・・赤から味噌のだし汁でじっくりと野菜を煮込みます。

出汁をよく吸ったお揚げが美味しかったーーー!!

一緒に頼んでいた白キュウもこれまた美味。

冬の寒い時期で鍋が美味しい季節ですが、久々に美味しい鍋料理に出会えた気がします。
ご馳走様でした(  ̄人 ̄)

Comment:4  Trackback:0
2009
12.24

ぼくらのペレランディア!

Merry Xmas!(*^^)<。・:*:・'★,。・:*:♪・'☆PAN

こんなブログでも足を運んでくださる皆様に、わたしからのささやかながらプレゼントということで、ずーーーーーっと温めていたこの本をご紹介。

ぼくらのペレランディア! 島田満 著 :徳間書店アニメージュJuJu文庫

またまた古い本を・・・とお思いだと思いますが、実は、この本がわたしの一番好きな本。
本は小学生低学年からずーーーーーっと読んでいますが、このお話が一番好きなのです。
小説を書くようになった・・・小説家を目指すようになったのも、元気な主人公を描くようになったのも、わたしが常に前向きな考えを持つようになったのも、SFが好きになったのも、すべてこの本のおかげなのです。
このお話の主人公ダーゼット風に言えば「全部みちるが悪いんだ!」ということになりますが、そうです、わたしは今でも島田満さんの大ファン。

小さい頃に父親に見せられた宇宙船の3D映像に憧れ、宇宙に行くことに憧れた少年ダーゼット。
でも彼が育ったその後は、宇宙船はもう飛ばない時代になってしまった。
ならば自分で行けばいい。ぼくが宇宙船を作って飛ばしてやる! オトナになるまでなんて、待ってられない。ぼくは、いますぐ飛びたいんだ!

というのが紹介文。なんというか、出だしから突っ走ってますが、そういう作品です。
トーンダウンするところはホンの少し、後半への盛り上がりの準備期間のところだけです。

作者の島田満さんは、有名どころではアニメのワンピースとかドラゴンボールのシナリオとかを書いているシナリオライターさんです。他にも、名作劇場の若草物語ナンとジョー先生を全話書いたのは島田さんですし、その後のロミオの青い空の登場人物の原型はこの作品から出来ているそうです。

とにかく「走り出したら止まらない」このお話は、子供だったわたしに衝撃的な何かを打ち込みました。それから何度読み返したことでしょうか。たぶん一番読み返している本であることに間違いありません。それも圧倒的に。
そしてきっとこのお話は「わたし」がどういう人物であるかよく判るお話しになっていると思います。
なぜならわたしがこのお話の登場人物に多大な影響を受けてその後成長したから。
この作品があってこその今のわたしがあるといって過言ではありません。

わたしは今でも小説家になる夢を捨てていません。ネットゲームなんてやってる暇は無いんじゃないの、という意見は却下ですが、やりたいことは全部やって夢を叶えたい、というのは欲張りですが、この作品からそういう影響を受けて育ってしまったんだもの。もう仕方がないのですw
そしていつかペレランディアを越える世界を自分の手で生み出すのが一番の夢なのです。


残念ながら本書は絶版していますが、Amazonに出品している中古本業者さんから買えるようです。プレミア付いてますがなwww
また、電子書籍にて復刊しています。
理想書店 ペレランディア!
理想書店さんでは3分間立ち読みも出来ますw

とにかく一番面白い本を紹介して、と言われたら迷わずこの本を挙げますが、古すぎて年齢がバレるとかそういうツッコミは禁止ね!ヽ(`
Comment:0  Trackback:0
2009
12.22

ラッピング。

ドコの販売業界でもそうですが、この時期は一年間で一番ラッピングの多い時期であります。
ウチの書店でも絵本や図鑑をクリスマスプレゼントに・・・というお客様が多く、現在は専用のラッピングスペースを立ち上げ、ソコでスタッフひとりが缶詰になってこなしています。

ラッピングのきほん事典 :西東社
スピードも必要なので、ウチの店では基本のスクエア包みしかしません。そのかわり綺麗に仕上げるようみんな頑張っています。

書店冬の時代・・・特に児童書は売れない時代になって久しいとよく言われるのですが、この時期だけはそれがウソのように絵本がよく売れます。
やはり自分の子供には良い本を読んで育って欲しいと願っている親御さんは多いようですね。


ちなみにウチの店のプレゼント用の売り上げNo.1は くらべる図鑑 ですw

Comment:0  Trackback:0
2009
12.17

FF14、βテスター募集開始。

配信を楽しみにしているFF14のβテスター募集が開始されました。

FINAL FANTASY XIV :SQUARE ENIX
もちろん申し込みをしてきました。WindowsPC版の方ね。
抽選当たらないかな~

Comment:0  Trackback:0
2009
12.16

Excellent Darjeeling。

マリナ・ド・ブルボンと言えばティールームでいただける絶品シュークリームが本当にお薦めなのですが、以前たまに行っていた白銀台のマリナは結構前に閉店してしまっており、そういえばアレからしばらくマリナに行ってないな~と思いつつWEBを物色していたら見つけてしまいまして。

Excellent Darjeeling Book缶ティーバッグ :MARINA DE BOURBON
即座にWEB通販にて購入。先日届きました。
まさに、紅茶好きで本好きで紅茶缶集めが好きなわたしのためにあるようなアイテムですw
サングマ農園のダージリンで、わたし的には珍しいティーバッグですが、メッシュフィルターが結構大きめなのでいいカンジで抽出されます。通常の茶葉と同じで3分抽出で美味しくいただきました。
マリナのあのシュークリームが添えてあったら最高だったかと思います。

あ、Woooはちゃんと映りました。お店で見たときよりも小さく感じましたけどそれほど違和感はありません。
今日から地デジ生活。わーいw

Comment:0  Trackback:0
2009
12.14

WOOOOOOoooooo。。。

Category: 雑貨と踊る。
ウチにはTVが3台あります。居間、母の部屋、わたしの部屋。
全部ブラウン管の古いもので、当然地デジなんて映りませんw
先日その母の部屋のTVがついに映らなくなりまして・・・10年選手ですから、ブラウン管の寿命だろうと兄が言っていました。むしろよくココまで持ったと・・・

というワケで、居間のTVを母の部屋に移し、居間に新しいTVを買うことになりました。
買ったのは・・・

Wooo UT32-XP800B:HITACHI
将来的には居間にもっと大きなものを買って、これが母の部屋に行く予定なので32型になりました。まあ、今まで20インチを見ていたのだから充分だと思います。

Woooにした決め手は、持ち出し出来る外付けのHDD(iVポケット)が同じWoooならば別の機種でも使えるということ。
他にも外付けHDDやUSB-HDD対応をしているメーカーのTVもあったのですが、著作権の関係でそのTVで撮った映像データはそのTVでしか見られないように内部IDで関連付けされてしまうということなんだそうな。
その点WoooはiVポケットと呼ばれる専用カセットHDD字体に著作権料が含まれているので(160GBで15,000円だったかな?)HDDとTVの関連付けは不要とのことで、居間で撮ったドラマを部屋で見たりすることが簡単に出来そうなWoooに決めました。

ちなみにウチはUHFアンテナが立っておりましてTV埼玉とか放送大学とか映るのですが、コレで地デジがちゃんと映るのか調整が必要なのかそれともアンテナの立替が必要なのかは、セッティングしてみないと判らないとのコト。配送予定の16日が待ち遠しいのでアリマス。

エコポイントは15,000点付きました。現金還元は無いので、商品券かカタログに載っている商品と交換になるのですが、母は大好物の米沢牛を虎視眈々と狙っているようですw

ヤマダ電機のポイントは17000ポイントも付いたよ! 何買おう!?

Comment:6  Trackback:0
2009
12.11

MARIAGE FRERES。

わたしの一番好きな紅茶をリリースしているブランドなのでもったいぶって延ばし延ばしにしていたのですが、リクエストがあったので、良い機会ですからココの紅茶のレビューを。


Margaret's Hope Darjeeling FTGFOP1 :MARIAGE FRERES

フランスのブランドです。NINA'Sと同じで、フレーバードティのブランドですね。
とにかく種類が豊富で、ショップでは500種類以上の紅茶から選ぶことが出来ます。

上の写真は一般パッケージ入りの秋摘みダージリン・・・オータムナルの紅茶です。今売っているのは去年のものだと思います。ちなみにお値段は100gで2625円。
わたしがずいぶん前から「とにかく一番のおススメはコレ!」とずっと言ってきているのは、マリアージュフレールのマーガレッツ・ホープ、春摘ダージリンです。その年のモノね。
今年はダージリンヌーボーというシリーズでファーストフラッシュのガーデンティをリリースしているのですが、日本のWEBを見ると少ない・・・4種類しか載っていません。イギリスのWEBを見るともっといっぱい載ってまして、求めているマーガレッツ・ホープもあるんです!
最近ショップにも行っていないので日本でも取り扱っているのか不明・・・ここはゼヒひとつアルヒャさんにリポートしてもらわなくては! と思ってますw

おススメはやはりMargaret's Hope SFTGFOP1、世界最高峰といわれる Castleton SFTGFOP1 、伝統と格式のRisheehat SFTGFOP1、アイスティにするならBalasun SFTGFOP1。
40?っていくらなんだ。。。グーグル先生によると1ユーロ = 131.207755 円だそうです。
え、と言うことは5000円くらい? 昔わたしが買ったときは8000円くらいしましたが何か?

と、ちょっと非現実的な超セレブ系の紅茶の紹介はここまでとして。
実際にショップに行ったときは、香りのテイスティングなどさせてもらえるので、気に入ったものを選ぶのがいいと思います。
大まかにはお花系、フルーツ系、チョコレート系などに分類されるので、スタッフの方と話をしながら選ぶのがいいかと思いますよ。
マリアージュ・フレールの代表的な紅茶はやはりなんと言ってもTJ918 MARCO POLO。
甘い花とフルーツの香りがいっぱいに広がる、ティータイムのおもてなしにもってこいの紅茶です。
あとはTJ904 BOLEROと、今の時期ならTJ921 ESPRIT DE NOELかな~。

ただしココでひとつ。
マリアージュフレールの缶はデザインもシックで素晴らしいし、紅茶好きの方の間では一種のステータスのようなものでもあるのですが、密封度が極端に弱いです。
缶の蓋だけを持って持ち上げると途中で本体が落ちて中身をばら撒くことに・・・
また、密封度が低いのは香りを楽しむ、新鮮度が命の紅茶にとって天敵です。
100均でいいのでパッキン付きの密封容器買いましょう。

あと、初マリアージュでティールームにいきなり突撃する予定というわたしのようなおバカさんは、いい機会なので高めのものを頼んでみるといいよ!(わたしは当時最高級だったBRUMES D’HIMALAYA・・・1ポット2000円やりましたw)

Comment:6  Trackback:0
2009
12.08

Harrods No.14。

わたしの紅茶生活の中でも定番中の定番、もしかしたら一番お世話になっているかもしれない紅茶をご紹介します。

Harrods No.14 三越ハロッズショップ

以前紹介したTea Centre of StockHolmのSoderblandningと並んで、現在のウチの主力を担うアイテムであります。

ハロッズは紅茶ブランドと言うよりは、英国王室御用達の百貨店と言った方がいいかもしれません。テディベアも有名ですが、以前はフランスのフォションと並んで欧州の2大有名食料百貨店とも言われていました。今はどうなんでしょうかw
ハロッズナンバリングシリーズの中でも14は定番中の定番で、ハロッズの紅茶=No.14ともいえる代名詞のような紅茶です。
ダージリン・アッサム・セイロン・ケニアの4種類の紅茶のブレンドで、等級はBOP。
イングリッシュ・ブレックファストらしい香りとコクを持っており、淹れたときの水色の見事な赤は、これぞ紅茶!と言わしめんばかりです。
上の写真と今ではデザインは変わりましたが缶のデザインもいいので満点をあげたいくらいなのですが、実はちょっと蒸らし時間の加減が難しいというところもあるので90点。
お値段もリーフティの中では平均的だと思いますよ~。


で、ハロッズと言えばw

わたしのリネージュ2時代のサブキャラであった彼女のタイトルはこの紅茶から採りました。

Comment:5  Trackback:0
2009
12.06

読まず嫌い。

本屋さんたるもの、本の知識は持っていないといけません。
新刊本や話題書もそうですが、昔から定番・名作と言われている本まで、ある程度の知識が必要です。
誰某が書いていて出版社はドコでいつくらいに出た本でどれくらい需要があってソレが今ウチの店にあるのかどうか、
というのは必要知識で勉強中なのですが、「どんな内容なのか」というところまではとても追いつきません。
実用書や専門書であればタイトルからある程度想像がついても、ソレが文芸書だったりした場合はかなりお手上げです。
だってわたし本読んでないものw

そんな読まず嫌いであるわたしにうってつけの本がありました。

読まず嫌い。 :千野帽子 著 / 角川書店

「その名前は知っていても実は内容はよく知らない」というのは本に限らずドラマやゲーム、音楽などにもあると思うの
ですが、この本は「名作」に限らず、きっと名前は聞いたことがあるだろう作者・タイトルの本の内容を、本当に気持ち
いいくらい「ザックリ」と紹介しています。しかも軽快な文章で。
ブックガイドというジャンルに入る本ですが、エッセイに近いところもあり、本当に読みやすい。
この本を読んで、紹介されていたお話のことがちょっと判った、だけでは本当はいけないのですが、無知よりだいぶ
進める本でもありますので、文芸書談義をする前の予備知識を注入するのにはもってこいの本だと思います。
いや、この本ホント面白いよw

Comment:2  Trackback:0
2009
12.03

LITTLE WING。

今でもすごく好きな曲を見つけたので。

マキちゃんかわいい~~~~~www

この曲はどんな困難があっても頑張って乗り越えて行こうと奮い立たせてくれる名曲です。
何度辛いことから救ってくれたか判りませんが、LINDBERGは今でもわたしに勇気をくれるのです。

勇気のおすそ分け、というコトでひとつ。
期限付き再結成が年末で終わってしまうのが非常に残念ですね。

Comment:4  Trackback:0
2009
12.02

09’ダージリンオータムナル タルボ DJ-726 マスカテル。

ショップに紅茶を買いにいけない時などに重宝しているのが、ルピシアリーフルのWEBショップ。
リーフルは今はダージリン紅茶を中心に扱っているだけあって、クオリティーシーズンの紅茶の入荷が早いです。
オータムナルの紅茶はドコのブランドも通常ならば年明け入荷が多いのですが、リーフルは昔から11月中~下旬入荷と、ほかより断然早い気がします。
そんなリーフルから出た今年のオータムナルの中で一番のお勧めはコレ!

【09オータムナル】 タルボ農園 DJ-726 マスカテル
THURBO DJ-726 Muscatel FTGFOP1


実はまだわたしは手に入れていないので写真などはリンク先のWEBで見ていただくとして・・・
早速届いたものを試飲した友人によると、いわゆる「当たりロット」のようで、セカンドフラッシュとオータムナル両方の特徴を持った、一度で倍美味しい紅茶とのこと。
タルボと言えば以前はレピシエ(今のルピシア)の独壇場だったのですが、最近はすっかりリーフルの得意農園になっておりまして、「超高級でなくとも美味しいティータイムは演出できる」を地で行くタッグ・・・と言ったら失礼だとは思いますが、とにかく手の出しやすい、気軽に楽しめる「本格紅茶」だと思います。

わたしは友人の家で試飲してから購入検討しますw

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。