--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
10.31

紅茶の缶。

クローゼットの奥にあった段ボール箱を開けたら、懐かしの紅茶缶コレクションが出てきました。
5年前の引越し時に処分してしまったものもたくさんあるので、ピーク時に比べるとだいぶ少なくなってしまったのですが、それでも「コレは!」というものは残してあったりします。
結構古いものが多く、今は名前の変わってしまったブランドなどもあります。

そんなワケで・・・

※クリックでちょっと大きく

いい更新ネタが出てきたぞ・・・っとw

スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2009
10.27

読書週間。

10/27~11/9は読書週間であります!
本屋さんたるわたしとしましても、忙しい時間の間を縫って1冊は本を読みきりたいと思っています。
今何の本を読むか物色中・・・このままでは物色している間に読書週間が終わってしまうので、今月中には何か本を1冊買って帰ろうと思います。
自分が担当しているジャンルから選ぶことになりそうな予感。

今日、こんな本を見つけました。

この日何の日 1億人のための366日使える話のネタ本 リンクアップ編著 秀和システム

画像にある本のオビにもあるように、その日は何の日か書いてある本です。
10/20は何の日だったか忘れちゃった・・・
わたしの車のカーナビもその日最初に動いたときに「今日は○○の日です」としゃべりますが、ソレのネタ本みたいなものです。ざっと見ましたけど、ワリと面白かったw

でもまあ、コレを読んで「読書週間で本を読みました!」というのは許されないんだろうなあw

Comment:4  Trackback:0
2009
10.24

ようこそセブン。

Category: 雑貨と踊る。
新しモノ好きのわたしとしてもですね、Microsoftの新製品だけはよくこなれてから、というのが鉄則だということは重々存じております。
元PCサポート屋さんとしても、VISTAの大失敗はよく知っておりますし・・・世間であれだけ騒がれても、自分のPCにだけは周りの意見も情報も充分に検討してから導入せよ、というのは、もはや格言でもあります。

そんなワケで。


Windows7 Professional (C)Microsoft

早速導入しちゃった♪(ヲィ

AmazonでProのアップグレードパッケージを予約で買いまして、先日届いていたものですから、お休みの今日インストール。
XPからの移行ですので、クリーンインストールが必要になります。
元環境のバックアップ+新規インストールで半日くらい時間がかかりました。
普段使っているソフトなどほとんどは動くようです。

操作感はVISTAですが、確かにVISTAに比べると面白いほどサクサク動きます。
XPと比べても遜色ないので、しばらくこの状態で様子を見たいと思います。

Comment:6  Trackback:0
2009
10.23

ヴィーナスに想いを寄せて。

2010年に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が金星探査機「PLANET-C」を打ち上げます。衛星の名前は「あかつき」で、このあかつきに搭載して金星へ届けるメッセージの募集が始まっています。

応募は誰でも、インターネット上から行えます。
本名や住所電話番号などの個人情報は必要ないのでお気軽に出来るところがいいですね。
過去に小惑星探査機「はやぶさ」(JAXA)彗星探査機「ディープインパクト」(NASA)で名前を宇宙に送信しているわたしとしましては、今回も逃す手は全くありません!

というコトで・・・


登録してきましたw

前述の「はやぶさ」は、小惑星に「はやぶさ」がタッチアンドゴーで瞬間着陸する際に目標とするターゲットマーカーに彫り込まれる名前を募集していたモノで、超高速で小惑星に打ち込まれましたw
「ディープインパクト」に至っては、名前が彫り込まれたプレートを搭載した衛星(ディープインパクト)自体が探査目標であったテンペル彗星に突撃し、彗星ごと破壊しやがりましたwww
今回は金星周回軌道ということなので、名前が宇宙の塵と消えることはなさそうデスw

登録は以下のWEBから。
JAXA「お届けします!あなたのメッセージ、暁の金星へ」~「あかつき」メッセージキャンペーン~

今年は世界天文年2009でもありますし、夏の日食でちょっとそういう方面に興味をお持ちになったのであれば、今回のキャンペーンは気軽に参加出来るのでオススメです。

Comment:0  Trackback:0
2009
10.20

/mybirthday

Mintonのリアル誕生日は10月20日です。

今日の更新時間の午前4時48分というのはわたしが生まれた時間なのだそうです。
小学生の頃父に教えてもらった覚えがあります。

ハイ、ネタブロガーたるもの、自分の誕生日等というモノはネタでしかありません。
シフト上今日はお休みだったので、運転免許の更新をしに警察署に行きました。
ちゃんと優良ドライバーなんですよ?
何でも中型免許というのが新設されて、わたしもその中型(総重量8t以下)に乗れるんだそうな・・・
トラック運転する機会は流石にないなー

で、帰りに買ってきました。アレを。
続きを読む
Comment:17  Trackback:0
2009
10.17

節子、何舐めとるんや。これおはじきやろ。ドロップちゃうやんか。

本屋さんに並んでいる本の中には、出版社さんと「決められた期間中は棚に置いておく」という契約を結ぶ「常備契約本」というモノが存在します。
契約期間は大抵の場合1年です。
常備契約を結ぶと、出版社さんが選定した本のセットがお店に入荷します。100種類100冊セットとか、40種類40冊セットとか、組み合わせの種類や量はその出版社さんによって違いますし、お店の規模に合わせて数種類の中から書店が選べるようにしてくれるところもあります。

ほとんどの出版社さんが快く常備契約を結んでくれるのですが、今は本もなかなか売れない時代でもありますので、専門書中心の出版社さんの中には実績のある書店としか常備契約を結ばない=発行部数の少ない本なので売れ残りは避けたい=売れるお店に出荷したいと考えるところもあります。
多くの専門書を扱い、どちらかというと専門書書店の部類に入るウチのお店も、なるべく多くの出版社さんと常備契約を結んで売れる商品、出版社さんが推している商品を確保したいと思っているところです。

さて、そんな専門書・・・哲学書を中心に扱う「こぶし書房」さんから、常備セットが届きました。
開梱していると、中からカラカラという音が聞こえます。
何じゃらほいと思って段ボール箱の中をよく見ると・・・なにやらビニールに包まれた緑色の小さな箱が・・・

おおお!

サクマドロップス 缶入り サクマ製菓株式会社

なつかしいいいいい~~~~!!
疲れたところにアメとは、なんと愛のある差し入れでしょうか。しかもサクマドロップスを選ぶあたりが心憎いw
開梱しながら「こぶしGJ!」と喜んでいましたw
がんばって哲学書勉強しますw

で、早速スタッフに知らせてみたところ、なんとこのアメを知らない人がいる!
しかも何人かいて、知ってる派と知らない派が出来ている!
知っている派に属してしまってちょっとショックだったのもありますが、まさかサクマドロップスを知らない世代と一緒に仕事をしようとは・・・orz

ちなみに、サクマドロップスとサクマ式ドロップスは違う会社が出していて、どちらも元祖ではありません。
元祖の会社は戦争時に廃業になってしまい・・・節子が好きだったのは元祖のサクマ式ドロップスで、作っていたところは「佐久間製菓」で、缶の色は赤。
現在の「佐久間製菓」は元祖の番頭だった方が改めて興した会社で、「サクマ製菓」は元祖の社長の三男が興した会社。
裁判で争った結果、「佐久間製菓」がサクマ式ドロップスの商標を使えることになったんだそうな。
佐久間製菓の「サクマ式ドロップス」の缶の色が赤で、一時期、節子の絵が缶に描いてあったモノもありました。
サクマ製菓の「サクマドロップス」が上の写真にあるもので、緑の缶。
わたし的に思い出深いのは緑缶なんですよね~ 小さい頃、母もコレが好きでウチに常にありました。まさしく常備w

なので、こぶし書房さんの差し入れに飛び上がって喜んだワケですw

Comment:7  Trackback:0
2009
10.15

教科書ガイド。

おそらくドコの地域も同じだと思うのですが、小学中学はその地区の教育委員会が教科書採択を決めていると思います。同じ教育委員会管轄の市内などであれば、別の学校であっても使っている教科書は同じです。
本屋さんとしても、教科書に合わせた、いわゆる準拠モノと呼ばれるドリルやガイド、参考書を揃えるときには、その近隣の小中学教科書採択表というのを参考にします。各地区ごとの採択表は教育委員会や教科書販売供給所などのホームページで公開されておりますので、比較的取りそろえは楽なのです。

駄菓子菓子!!

失礼。しかし、高校になるとそういうワケにはいきません。なぜならば高校はたとえ国公立であっても、教科書採択は各校独立で行っているので、どこかでまとめて表になっているモノを公開しているということがありません。
つまるところ、すべて自力で調べなければならないのです。

ウチのお店はチェーン店で本部が別の場所にありますので、本部が一括して調べてくれます。
先日ウチのお店の近隣の高校の教科書採択表調査依頼を上げまして、全部で20校くらいお願いしたのですが、その結果が返ってきました。
いや~・・・モノの見事にバラバラorz

これからEXCELで教科書別の採択高校数のリストを作って、そこから教科書ガイドの発注数を決めたいと思います。

教科書ガイドって、みんな使ってた?w

Comment:9  Trackback:0
2009
10.10

それぞれの旅立ち。

「魔女の宅急便」です。実は1985年に書かれたお話なんですねえ。
わたし、このお話大好きなのです。ジブリのアニメも、原作も。
「一番好きな映画は?」と聞かれたら迷わず「ジブリの魔女の宅急便」と答えますし、先日の「よい子への道」の記事で挙げた好きな児童書BEST5の中にもしっかりと入っている作品です。
本当に好きなんですよ、この作品。
最近はすっかりご無沙汰しておりますが、趣味と公言している創作小説の主人公に元気な女の子をよく使うのはキキとかアニーとかの影響があるからなんですね。

そんな魔女の宅急便が、先日発売された6巻で完結いたしました。

魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち 角野栄子/福音館書店

6巻は5巻からなんと15年後のお話です。
キキもすっかりお母さんです。
ジブリのアニメしか見ていない方のために詳しい内容を書くのは止めます。
基本的に小学生中学年向けのお話ですが、「宮崎アニメはちゃんと全部見てる」という方なら原作も充分堪能出来ると思いますので、これを機に読んでみるのはいかがでしょうか。

Comment:12  Trackback:0
2009
10.07

100エーカーの森に帰る。

「くまのプーさん」の新作が10/5、1928年の「プー横丁にたった家」以来81年ぶりに発売になりました。
続編だそうです。
副題は「100エーカーの森に帰る(Return to the Hundred Acre Wood)」で、10の物語が収録されているということ。
新キャラもいるようですよ?

Return to the Hundred Acre Wood (Winnie-The-Pooh Collection) (ハードカバー)

発売はイギリスです。日本ではありません。
世界80カ国以上で翻訳されていて、もちろんディズニー映画になったりもしましたので、おそらく日本にも入ってくるかと思いますが、今のところドコの出版社が翻訳権利を買って日本語版の出版とかという情報はありません。
原本のいわゆる洋書版ですが、楽天では売り切れ、Amazonでは2週間待ちとのこと。
ウチも洋書扱っておりますが、問屋さんからナニも情報がないので、日本の一般書店で買うのはもうちょっと時間が掛かるかもしれません。

でも、久しぶりに続編か~・・・
今回の作者はイギリスの脚本家のデービッド・ベネディクトゥス氏で、プーさんの音声CD版などの製作に携わっていた方とのこと。
元々プーさんはオリジナル作者のミルンが息子のクリストファー・ロビンに読ませるために書いたお話ですが、今回のベネディクトゥス氏はその雰囲気というか、あの独特な世界観を引き継ぐことが出来ているかが個人的には気になるところです。
洋書のままでは読めないので、日本語版が出たら買って読もうと思います。

「くまのプーさん」続編、ついに英国で発売 by AFPBB News

Comment:4  Trackback:0
2009
10.04

シフトが変わって。

Category: その他。
なんと今月は日曜日が休みです!!!!
まあ、中旬以降はまだ未確定なのですが。

そんなワケで、本当に久しぶりの日曜休みだったのですが、
予想通りというか何というか体調を崩しまして、午前中はずっと寝ておりました。
午後布団の中でゴロゴロしながらF1→スプリンターズS→遼クンと繋ぐという、
怠惰という言葉を体現したかのような1日を送りましたw

F1はTOYOTAのチームワーク爆発のピット作業でマクラーレンを抜き去ったときに飛び上がって喜び、スプリンターズSはほとんど同着+3着以降もダンゴというG1では希な大混戦を目の当たりにし、最後は石川遼クンのスーパーショット連発で大歓声を上げたら、体調も多少良くなった気がするのですが、明日からまた仕事なので今日はもう寝ます。

ネタが稼げるはずの休日にゴロゴロしているから
こういう風にオチがなくなるという教訓のような日記w

Comment:18  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。