--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
06.23

バイウムに会いに行こう! 前編


真ん中分けのパラディンはどーもあのロリパラディンを思い出しては飲んでいたお茶を吹いてしまうので、早く戻していただくことを希望www

さて。

クラハンネタで、前から興味があったバイウムクエをやってみました。

クエストはアデンのDEギルドにいるマジスターハネーリンからスタートし、
最初は巨人たちの洞窟最下層にいるレッサージャイアント狩り。
目的のクエアイテムである下巨人の動力機関は、2バフ位で全員分揃いました。

続いて、3つの「秘密の聖櫃」を探しにあちこちへ。

最初は国立墓地。


2個目はタノールシレノス野営地の山。

ちなみに、箱に話しかけるとクエストmobが沸くので、それをソロで倒します。

次はDE村なのですが、場所が場所だけに、クラハンとしてはここで完了。

山の上でみんなで写真を撮りました。

3つ目の聖櫃はDE村。行ける人だけで行きました。
本来箱の守護者だった天使を先に倒してしまったクエストmobとの対戦ですが、
HP9倍とかあり得ません('A`)ノh

しかし、彼はアンデット(*'-')

得意技のホールドアンデットが見事に効いたので、意外と余裕で倒せましたw

こうして、次はここからが本番ともいえる、傲慢の塔での布染めになるのですが・・・
この先はまた次回!

スポンサーサイト
Comment:9  Trackback:0
2007
06.23

ハロさんLv61になる。

ここのところずっと狩り場に出ずっぱりだったハロッズさん。

有砂ちゃんと放牧地や

ガイさんとの火炎の沼

クラハンではアルゴスなど、高レベルの狩り場にくっ付いていき、

ついに!


Lv61になりました!

応援してくれたみんなに感謝!

さて。

Lv61といえば、エキスパーティーズA自動取得。
そう、Aグレードのペナルティ無し装備が可能です。

ハロッズはビショップなので、前から考えていた防具はタラムチューニックセット。
手足頭は比較的流通しているので簡単に揃えられたのですが、
肝心の胴体上下はなかなかお目にかかれません。
レアってほどではないと思うのですが。

仕方がないので、安く売っている図を買って、製作してみることにしました。


無敗伝説再びw

この後上の製作にも一発成功して、セットがあっさり揃うことに。
封印解除すれば詠唱速度も元に戻るので、来週が楽しみです。

次はあっさむのLv61ですね~

Comment:6  Trackback:0
2007
06.17

久しぶりの。

日曜夜にSeleniaの誘いで、巨人の洞窟に行ったときのこと。
今回参加のメンバは、
言い出しっぺのSelenia、サイちゃん、ノワさん、アバさん、有砂ちゃん、わたし(ハロッズ)
ヒールとリンク処理は実質わたしのみという構成で巨人のレッサー狩りです。

事件はソコで起こりました。







オータムナル、ものすごく久しぶりの
全滅。

なんだか以前にDVCで起こったmobの呼び寄せ現象がここでも起こったらしく、
レオグルやレッサーウォッチャーなどが20~30くらいやってきました。
ものすごく遠くにいたmobも来ていたようです。

なので、ヒールをしていたわたしにウォッチャー3体くらいのタゲが飛び、
真っ先に死にましたorz


結局わたしと有砂ちゃんが最寄り、ガイさんを護衛につけて現場に向かい、
リザで復旧したのですが。

しかし・・・何で写真撮れなかったんだろー

Comment:4  Trackback:0
2007
06.14

無敗伝説。

貧乏を楽しんでいるわたしでも、それなりにお金も貯まってきたので、以前からちょこちょこ進めていたDCセットへの道の最大難関に手を出してみました。
そう、DC頭。
現物をそのまま買うお金は用意できたけれど、ここは手持ちの素材もあることだし、ひとつ製作にチャレンジしてからでもいいかなと思い、有砂ちゃんとガイさんを引っ張って猛獣の放牧地へ。
DC頭図は牛ゴールデン魔法4倍のスポ。
4倍はテイムになったりするのでなかなかスポへたどり着くのも難しいのですが、今日の有砂ちゃんはいつもと違いまして。

なんとスポで出ちゃいましたw
公開製作ってw

このあと2枚目3枚目を狙うべく引き続き狩りを進め、なんと2枚目もスポ成功w

おふたりの好意もあったので、1枚目は「公開製作をする」という条件で譲り受けました。

で。

実は、わたしまだA製作に失敗したことがなかったりします。
売ってしまったフェニ耳からスタートし、DC盾、DC軽上下、そして前回のDC靴。
世間では15連勝とかいう人もいますし、武器は含まれていないのであまり自慢が出来るほどのモノではないのですが「無敗」という素晴らしい響きを持つ言葉だけを頼りに、製作露店で放置しているアバさんに一礼し、いざ製作。

成功した!!!ww

クラチャでの反応は、みんな予想通りでしたw

しかしながら協力していただいた方みんなに感謝!



最大難関を突破したので、費用も浮いたことですから、DC重上下は買おうと思います。
まあ、製作コストと現物買いでほとんど値が変わらないしねw

Comment:10  Trackback:0
2007
06.09

あっさむ堂若女将奮闘記。

土曜のクラハンは久々に巨人たちの洞窟へ行きました。
人数が10人になったために2PTに分かれての狩り。

2PTで同じmobを叩くというスタイルは初めてでしたが、リンクがリンクを呼び、なかなか激しい戦いになりましたw


最後はみんなで帰還スク。ルーラじゃないってw

広めの場所ならこういうスタイルでクラハンできるかもね~

Comment:4  Trackback:0
2007
06.06

あっさむ堂若女将奮闘記。

最近は姉Mintonに追いつけ追い越せを合い言葉にひっそりとがんばっています。


がんばって・・・


槍で思いっきりがんばって・・・


平日のプチクラハンにも顔を出して・・・



ついに!!




Lvが58になりました!

とりあえず。


ガイ兄じゃま!www



スミスの58と言えば自爆ゴレを呼び出せるレベルです。
今度どのくらいのダメージを出せるのか試してみたいと思います。
誰相手がいいかな~(ぇ

Comment:8  Trackback:0
2007
06.03

新しい仲間と帰ってきた仲間。

最近機会があればよく参加するのがこのお方の討伐。

そう、ザケン様。

多分そろそろ参加回数が二桁になるかと思いますが、過去に何回か同じPTになった方がおりまして。


3/23の討伐と

4/13の討伐でPTLとして活躍された方。

そう、オキトロスさん。

その方が。


オータムナルに参加いたしました。

詳しい事情は割愛いたしますが、おそらく今後名(迷)コンビになるであろうパルさんがお誘いしていた次第です。
ボケもツッコミも出来る、なんてウチ向きのキャラなんだ、というのが正直な気持ち。
体験からのご要望なのと、一応盟主の立場からしてクラン入会に際して例外はあまり作りたくないので体験期間を設けておりますが、個人的にはもう逃がしませんw

そして。

4月末から一息入れるために休業していたリラさんも、戻ってきました。

ふたりの歓迎クラハンは、オキさんの希望もあって過去戦範囲。

いつものように有砂ちゃんがもっさり引いてゲンタンが受けるというスタイルは健在です。
今回はパルさんの誤リコはありませんでしたw

日曜日の夜は、その時いたメンバでDVCへ。
本当はマルックナイトのドロップであるダマ剣図を狙いに行ったのですが、開いている適当な場所がなく奥へ奥へと進み・・・

えー、橋を越えました( ,_ゝ`)

流石にこの先は進めるはずもなく、

橋で記念撮影して帰還。

あとでログを見返してみたら、

BOTがすごいのを拾ってました・・・


ともあれ。


ようこそオキさん、おかえりリラさん。

みんなでいじり倒しましょう(*'-')

Comment:6  Trackback:0
2007
06.02

2007年ファーストフラッシュ。

紅茶のWEBと大々的に宣伝しているわたしとしましても、やはり最近紅茶ネタの記事が無いことに対してはどうにかしないと思っていたところでしたので、このあたりでひとつそれっぽいレビューなんぞをしてみたいと思います。

最初に申し上げて起きますが、リネ日記じゃなかったのかというツッコミは無しの方向でお願いしますw


わたしには古くからお付き合いさせて頂いている紅茶夫婦がおりまして、その旦那様がわたしも参加している紅茶サークルの主宰でもあるのですが、奥様の方はとにかく紅茶マニアで膨大な知識とテイスティング技術と行動力を持った方でございまして、わたしの紅茶師匠であったりします。
年3回あるダージリン紅茶の旬の時期(ファーストフラッシュ・セカンドフラッシュ・オータムナル)やアッサムティの旬である1月には紅茶買い付けツアー(主に銀座)やティーパーティ等のイベントも積極的に主催してくれる夫婦なのですが、今年の春はご出産を控えていたとのことで、電話で話す程度に留めておりました。

つまり!

今年のファーストフラッシュは完全に出遅れてしまいましたorz

それでもせめて今年の動向だけは掴んでおきたいと、実はリネしながらあちこちの紅茶WEBなどで情報を収集していたのですが、ようやくいくつかの紅茶をテイスティングすることが出来ました。

4月~5月はダージリン・ファーストフラッシュが日本国内に流通する頃合でして、あちこちの紅茶ブランドで2007F/Fと銘して新茶を扱っております。

わたし的にはファーストフラッシュといえばマーガレッツホープ農園産の茶葉が大のお気に入りなのですが、どうも今年のマーガレッツホープは特殊で、スペシャルティは相変わらずなのに通常出荷のDJ(ダージリン)は他の農園とのアドバンテージが感じられない、というのがもっぱらの評判です。
まあ、今年のF/Fはどこの農園も出来は良くないという情報もあるようですが。

ただ、スペシャルティである「マーガレッツホープ White Shiny Delight」は別格。むしろこっちにすべての良さを奪い取られてしまい、通常DJが普通になり下がってしまったイメージ?
元々このホワイトシャイニーはオータムナル(クランじゃなくて摘み取り時期の方ねw)のが絶品で、もしかしたら過去最強のオータムナルかもしれないくらいお気に入りだったので期待はしていました。
飲み口はF/F特有のキレが柔らかく、ほのかに甘いです。もちろんF/Fですから青味はありますが、それが全体的にやさしめの味わいに映えるアクセントになっていて、思わずため息が漏れるほど落ち着きます。

では2003年にわたしの中で大ブレイクしたバラスン農園のF/Fはどうかというと、これはやはり自力勝ちというか、F/F特有の青味と甘味のバランスが絶妙。流石に2003年越えは無理のようでしたが(2003年産BALASUN農園F/Fはほぼ私的パーフェクトでした)、特徴的なミント系の香りと甘味は健在です。

F/Fが定評のあるピュッタボン農園はというと、こちらは例年に比べてちょっと落ちました。確かに悪くないのですが、もうちょっとF/Fらしいインパクトが欲しかったような気がします。

続いてリシーハット農園のスペシャルティ。EX-1ですからエクストラの1番摘みです。今回の中ではこれが一番F/Fらしい紅茶のような気がしました。F/Fの特徴はなんといってもその清清しいキレですが、その中にも果実系の甘さがしっかりとアピールしてきていて、これは美味しかったと思います。リシーハットは知名度こそありますがわたし的にはあまり縁のない農園でもありまして、今回本当にたまたま手に取っただけなのですが、コレが巡り合わせなのかと思いましたw

さて、日本人ウケ最強の農園とも言われるキャッスルトンはどうでしょうか。キャッスルトン農園といえば素晴らしいセカンドフラッシュを産出することで有名で、お値段の方もスペシャルw
今回は限定のキャッスルトン Moonlight DIANAをチョイス。在庫切れ一歩手前だったようです? もう売ってませんw
これ、とにかく甘いです。F/Fって粗悪品を悪くいうと青葉の臭さ(青汁っぽい風味)があるんですが、そんなものを微塵にも感じさせないほど甘いです。実はオータムナルなんじゃないの? とも思いましたが、F/F特有の清清しいキレはそれなりにアピールしてます。でも、たぶん目隠しして試飲したら絶対F/Fとは言わないだろうなあ・・・。

今回は予算も時間もありませんでしたので、少ないg数で販売している以下のメーカーからチョイスしました。
リーフル:http://www.leafull.co.jp/
ルピシア:http://www.lupicia.com/
興味のある方はお試ししてみては。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。