--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
08.26

今日は月を観よう。

1969年7月25日に人類で初めて月に降り立ったアポロ11号の船長、ニール・アームストロング元宇宙飛行士が、8月25日に亡くなっていたことが判ったそうです。

元宇宙飛行士 ニール・アームストロング氏が死去、82歳。アポロ11号で人類初の月面着陸 : Engadget Japan
偉大な人物がひとりこの世を去りました。SF者の誰もが憧れる世界にその身を置き続けていた人です。

今夜は月を見てご冥福をお祈りしようと思います。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2012
08.15

有人宇宙開発ヒストリー展 in 丸の内に行って来ました。

丸ビルと丸の内オアゾで開催中の有人宇宙開発ヒストリー展 in 丸の内を観に行って来ました。

国際宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟の実物大(1/1スケール)イメージモデルでは、国際宇宙ステーションのトイレとか寝室とかのモデルも公開されていまして、なかなか面白かったです。
その他にも、過去の日本人宇宙飛行士のパネル展示とか、

NASAのスペースシャトルモデルの宇宙服の実物展示もありました。

おみやげはコレ。

宇宙食プリン!www
プリンに圧力をかけてポン菓子風にしたものですが、味はまさしく「プリン!wwwwww」でしたw

19日までやってますので、機会があれば覗いてみては。無料ですよー。



<おまけ>

クローゼット整理をしていたら、こんなモノが・・・

Comment:0  Trackback:0
2010
11.16

はやぶさのその後・・・その3。

待ちに待った結果が出ました!!


はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について:JAXA宇宙航空研究開発機構プレスリリース

外部のニュースサイトなどの情報を纏めると、詳細は以下です。

平成22年6月13日にオーストラリアのウーメラ実験場に着陸し、小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」搭載の帰還カプセルにより持ち帰られたサンプル収納容器から採集した微粒子のうち、イトカワ由来の微粒子が現時点で1,500個程度確認されました。
はやぶさは平成17年11月20日と11月26日、イトカワに2回着陸しています。装置の不具合などで計画通りの試料採取は1度もできませんでしたが、着陸時の衝撃で舞い上がった砂ぼこりなどをカプセルに収めていたと考えられていました。
JAXAは回収したカプセルを開封し、約1500個の微粒子を確認、ほとんどが大きさが100分の1ミリ以下で、今月上旬からは電子顕微鏡を使って1粒ずつ組成分析を実施しました。その結果、微粒子の大半はカンラン石と輝石で、どの粒も鉄とマグネシウムの割合(組成比)が地球の物質とは大きく異なることが判明しました。
さらに、はやぶさによるイトカワ地表の分光観測データなどが微粒子の分析結果とほぼ一致。JAXAは、はやぶさチーム以外の専門家をまじえて検討を重ね、結果、「微粒子のほぼすべてが地球外物質で、イトカワに由来する」と判断しました。


やったよはやぶさ!

見事にミッションを完遂させたJAXAに素直に敬意を示したいと思います。
SF好きとしては、今まで小説の中でしか味わえなかったもの凄いことが現在進行形で起きたということに心踊りましたし、今後の宇宙開発技術や研究がさらに発展していくだろうという希望を与えたと思います。

わたしは政治にあまり興味がないので、今の与党が何かをしても声を荒らげて反論するとかいう立場じゃないと思うんですが、でもやっぱり自分の払っている税金はこういうことに使って欲しいと思います。仕分けないで欲しいなああああ。

ちなみに。

今回の見つかった試料は2回目の着陸で使用した試料保管器から見つかっています。
1回目の着陸時の試料保管器はこれから調べるそうです。
またなにか見つかるといいなあ。

記念すべき11/20と11/26はもうすぐです。
星空を見あげたいと思います。
晴れるといいネ!

Comment:0  Trackback:0
2010
07.06

はやぶさのその後・・・その2

何か出てきました!!!

「はやぶさ」サンプルコンテナに微粒子確認 :宇宙科学研究所トピックス

写真に写っているマイクロマニュピレータの太さは先端直径が1μm(マイクロメートル:1mmの1000分の1)以下だそうで、見つかった粒子が相当細かいものだと判るのですが、ソレ以外にもいくつも粒子が見つかっているそうです。
ただ、ソレが小惑星イトカワのものなのか地球のものなのかの判断はこれから分析していくとのこと。
極微量のサンプルでも分析は出来るそうなので、これからの推移を見守りたいと思います。

Comment:2  Trackback:0
2010
06.26

はやぶさのその後・・・その1

地球の風となった「はやぶさ」の忘れ形見であるあのカプセルの開封作業が始まりました。

小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C) サンプルコンテナ開封作業の開始について:JAXAプレスリリース

カプセルは6月18日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスに到着し、まずはX線CTスキャンでの非破壊検査を受けました。断面間隔1mmでの写真からは、カプセルにヒビ等は見受けられなかったものの、サンプルコンテナ内に砂や石などの異物は写っていなかったとのことでした。
1mm間隔のCTスキャンですから、1mm以上の大きなものが入っていない、ということであって、全く何も入っていないということではありません。ただ、コンテナ内に大きな石や砂が入っていないということはJAXAも予想していたらしく、おそらく非常に細微なホコリ等が入っているかどうかを探すことになりそうだとのことでした。

22日にはコンテナ内にあった残留ガスの抜き取りが行われました。ガス自体は微量なものだったそうなのですが、カプセル組み立て時からあったものか、小惑星イトカワ地表で得たものか、それともイトカワ地表で得たサンプルが大気圏突入時の熱で揮発して発生したものなのか分析されるそうです。

24日からはいよいよ相模原キャンパス内キュレーションセンターでコンテナ開封作業が始まりました。作業はNASAの技術陣を呼び寄せての共同作業で慎重に行われるそうです。開封終了までには1週間ほどかかるとみられており、7月以降にサンプルの大きさに応じた方法で回収(採取)が行われる予定だそうです。
また、サンプル内に試料が見つかった場合でも、それがイトカワのものかどうかはその時点では判らないらしく、初期分析は8月になってからになりそうだとのことですが、JAXAでは随時公表していきたいとのことです。

はやぶさの偉業に華を添えることが出来るか、これからも楽しみでありますw

Comment:0  Trackback:0
2010
06.14

ラストショット。

JAXAが公開してくれたので。

はやぶさラストショット (c)JAXA

長く過酷な旅を続け、様々な指令をこなしてきたはやぶさは、小惑星イトカワで採取した(と思われる)カプセルを地球に向けて放出したときには、地球に対して後ろ向きでした。
本来はそのまま後ろ向きのまま地球に突入して燃え尽きる予定でしたが、「頑張ったごほうびに、最後にはやぶさに地球の姿を見せてあげたい」というJAXA技術陣の願いもあって、大気圏突入前の3時間で180度反転、写真を撮りました。
地球に送られてきた写真データは5枚だったそうです。その内4枚は真っ暗だったのですが、最後の1枚に地球が写っていました。
データ送信が途中で終了したために写真としてのデータは不完全ですが、その写真ははやぶさがそれまでに送ってきた写真のどれよりも素晴らしいと思います。
JAXAスタッフも、きっとはやぶさをただの探査機械ではなく、まるでわが子のように思っていたのだと感じました。

はやぶさに課せられた最後の指令であった地球に向けて放出されたカプセルは、無事に発見され、JAXAスタッフによって回収されました。
今後は神奈川県相模原市にある研究所で調査が続行されます。
今後も良い知らせを期待しています。

Comment:9  Trackback:0
2010
06.13

はやぶさ、おかえり!

無事に帰ってきました!!

6月13日22時51分、はやぶさから切り離されたカプセルが大気圏突入いたしました。
それとほぼ同じくしてはやぶさ本体も大気圏突入、無事地球に帰還し、その使命を終えました。

HAYABUSA re-entry ※はやぶさが大気圏内で燃え尽きる瞬間の映像です。

おかえり、はやぶさ。
お疲れさま!!

Comment:4  Trackback:0
2010
06.12

はやぶさが帰ってきます!

2003年5月9日に鹿児島宇宙空間観測所より打上げられたはやぶさ(MUSES-C)がいよいよ地球に帰ってきます。
明日大気圏突入です。ええ、明日…というか、もう今日ですw

Google先生もはやぶさを応援していますw

「はやぶさ」のカプセル再突入計画実施決定

ハイ、まずはやぶさのことを知らないキミはココで勉強しましょう!!

6/13 22時51分、小惑星イトカワで捉えた(と思われる)小惑星地表の砂サンプルを格納したカプセルが大気圏に突入します。
実は日本からも観ることが出来るのですが、なにせ明るさが予想で12~13等級なので、結構大きな天体望遠鏡でないと観ることは出来ません(肉眼で見えるのは目の良い人で6等級くらいまで、わたしは2等が限界w)
残念ながらウチには天体望遠鏡がなく、天体写真をやっている友人の望遠鏡でもきっと見られないということなので、今回はISAS(宇宙科学研究所)のライブ中継とか、ニコニコ動画でも着陸地点のオーストラリアからの生放送をするとのことなのでを見ようと思います。

そしてコレこそ本当に残念なのですが、はやぶさ本体(MUSES-C)はカプセルを切り離した後、自動落下で大気圏に突入し、そのまま地表に届く前に燃え尽きてしまいます。
本当は完全な姿で地表まで戻ってきて欲しかったのですが。

さて。

はやぶさプロジェクトは「小惑星イトカワにタッチダウンしてサンプルを回収し、地球に持ち帰る」という、壮大な計画で、SFモノ…しかも宇宙開発モノ大好きなわたしは、この計画が発表された時からずっと記事を追い続けておりました。
小惑星への軟着陸時に、その着陸地点判別用ターゲットアイテムとして使うマーカーボールをイトカワ自体に打ち込むのですが、そのターゲットマーカーに名前を刻む「星の王子さまキャンペーン」にも応募しており、全世界88万人の名前とともに、わたしの名前もターゲットマーカーとしてイトカワに打ち込まれましたし(それが原因で着陸が予想とは違ってトラブル続きだったというツッコミは却下でw)、一度通信が完全に途絶えたときはダメかとも思いましたが、JAXAのプロジェクトチームの諦めないで追い続けるという姿勢に感服し、搭載していた姿勢制御ロケットやメインイオンエンジンの故障でも、まるで宇宙戦艦ヤマトの真田さんばりに「こんなこともあろうかと」と復旧手段が用意されていたことに目を丸くして驚いたりと、とにかく発表される情報は今の日本の航空宇宙技術の生情報ですから、リネージュ2をやっていた頃でも、ログイン前は必ずJAXAのWEBでチェックは欠かしませんでした。

ようやく帰ってきたはやぶさ、でもまだ最後のひと仕事が残っていますので、無事カプセルの着陸が成功するまで見守ろうと思います。


おまけ:探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力。

コレ、全部本当の話だからコワいw

Comment:2  Trackback:0
2009
10.23

ヴィーナスに想いを寄せて。

2010年に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が金星探査機「PLANET-C」を打ち上げます。衛星の名前は「あかつき」で、このあかつきに搭載して金星へ届けるメッセージの募集が始まっています。

応募は誰でも、インターネット上から行えます。
本名や住所電話番号などの個人情報は必要ないのでお気軽に出来るところがいいですね。
過去に小惑星探査機「はやぶさ」(JAXA)彗星探査機「ディープインパクト」(NASA)で名前を宇宙に送信しているわたしとしましては、今回も逃す手は全くありません!

というコトで・・・


登録してきましたw

前述の「はやぶさ」は、小惑星に「はやぶさ」がタッチアンドゴーで瞬間着陸する際に目標とするターゲットマーカーに彫り込まれる名前を募集していたモノで、超高速で小惑星に打ち込まれましたw
「ディープインパクト」に至っては、名前が彫り込まれたプレートを搭載した衛星(ディープインパクト)自体が探査目標であったテンペル彗星に突撃し、彗星ごと破壊しやがりましたwww
今回は金星周回軌道ということなので、名前が宇宙の塵と消えることはなさそうデスw

登録は以下のWEBから。
JAXA「お届けします!あなたのメッセージ、暁の金星へ」~「あかつき」メッセージキャンペーン~

今年は世界天文年2009でもありますし、夏の日食でちょっとそういう方面に興味をお持ちになったのであれば、今回のキャンペーンは気軽に参加出来るのでオススメです。

Comment:0  Trackback:0
2009
08.17

宇宙へ。

今年の夏休みもいろいろな映画がやってました。
ハリウッドが作った忠犬ハチ公の物語「HACHI」、職場が入ってるモールでIMAX上映やってる「ハリポタ」、「ごくせん」や「剣岳」はもうすぐ終わりそうだし、気になってる「サマーウォーズ」や、見た人が必ず勧めてくる「エヴァ」等々・・・。
ただ、いかんせん外は暑いので、休みの日くらいはクーラーの効いた家の中でゴロゴロしていたぁ~い!! という気持ちが勝ってしまってドウニモコウニモ・・・

しかしデスよ!!!

「宇宙へ。」オフィシャルサイト

2009 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved

コレは見たい!!!!

NASA50年の歴史を凝縮した、NASAの宇宙にかける情熱そのものの映画です。
NASAが創設時からすべてのプロジェクトを記録してきた16mmフィルムを、BBCが編集して作った、
正真正銘のNASAのドキュメンタリー映画です。

公開は8/21から。
隣町にあるシネコンで上映予定なので、見に行ってきます!!!

いやあ、楽しみだw

Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。